止まり木

SONGPOST のバードウォッチングのページにようこそ。

*

2017年 1月30日
 1月は何とか 4回のバードウォッチング。昨年末から少しペースが戻ってきました。ドメインが変わったときに閉じてしまわなくて良かったと思っています。勢いづけようと キノコ色の世界 をアップしました。3年ほど塩漬けのもので、どこかに無理があるかも知れません。夏頃までにはもう少し手を加えようと思っています。

*

2015年11月22日
 初夏以降ますます散歩する時間が取れなくなってしまいました。この先一年位はこの状態が続きそうですが、果たして戻ってこれるやら…。

*

2015年 5月 4日
 春から山間部のバードウォッチングばかりです。このまま山歩きのページになってしまったりして…。

*

2014年12月 2日
 困っています。これまで表示のページの鳥の写真を毎月更新していたのですが、それが夏から滞っています。昨今はこっそりとカメラやレンズを買い換えたりして、もしかするとバードウォッチングよりも熱心?と思える程写真を撮っているのですが、何故か鳥の写真が撮れないのです。撮れないと言うよりも撮る気がしないと言った方が正しいかも知れません。何故なのか自分でも判らずに困っています。このまま正月を迎えてしまうのはマズい。なんとかせねば…ブツブツ。

*

2013年 2月19日
 天気の良い日の昼食後、落ち葉の掃除をしようと職場の建物の屋根に登って妙な物を見つけました。屋根の傾斜が尽きて平になった所に団子状になった銀杏がふた山置いてあったのです。多少枯葉が混ざっていますが、あの臭い実は取り除かれていて、バケツにでも入れて洗って落ち葉を取り除けばすぐに使える(食べられる)状態です。イチョウの木からはかなり離れていて風で飛んできて一カ所に集まったとは思えません。その場所以外には一粒も落ちていないのです。勿論誰か人間が拾い集めて隠しておける場所でもありません。
 いろいろ想像した結果、ここはカラスの食事場所で、銜えて運んできて銀杏の外側の柔らかい部分だけ食べた残りではないかと思ったのですが如何なものでしょうか。但しこれまでカラスが銀杏を突っついたり、運んだりしているのを見た事がないのですが。

*

2012年 5月21日
 バードウォッチングの時よりも早起きして近くの公園へ金環日蝕(日食?)を見に行きました。部分日食が始まる頃は厚い雲が流れてきてやきもきしましたが、6時半になってラジオ体操が始まる頃は晴れ渡り、無事わっかを見る事が出来ました。
 ラジオ体操に集まった人たちは顔見知りで和気あいあいで、それを見ていたこちらも楽しい気分で観察出来ました。
 金環日食が始まると気温が下がり寒く感じ、改めて太陽のエネルギーの大きさを感じました。

金環日食(5月21日)

合成写真です。

*

2011年11月25日
 一寸嬉しい事がありました。去年はきつくて履けなかった登山靴が今日は履けたのです。無雪期の奥多摩を歩き始めて約一年経ちました。そのお陰でふやけきった足が少しは締まったようです。これで諦めかけていた冬の奥多摩にも出かけられそうです。
 今日は足慣らしに多摩川の河原や藪を歩いてみました。少しきつめで、硬くて、痛くて、足は悲鳴を上げかけていました。ン十年前、初めて登山靴を履いた時、足の皮がベロンと剥けて辛かったのを想い出しました。足には申し訳なかったけれども、あの硬いビブラムの感触を二十年ぶりに体感して、どこか気分が浮き浮きしました。近いうちに靴ひもを新調して出かけようと思います。

*

2011年 7月26日
大丹波川より川苔山に登りました。途中、棒杭の上にいるセスジツユムシなるバッタに会いました。5pに満たないバッタですが、見ていると貌を斜めにして牙(?)をむき出しにして、片方の後ろ足を不自然に持ち上げるという動作を繰り返していました。なんだか面白い格好をするなぁと眺めていると、突然私に向かって飛んで来るではありませんか。いやはや、意外なことだっただけに恥ずかしながらびっくりしました。ジャンプしたバッタは私の肩先をかすめて草むらの中に着地しました。
しかし、そこで奇妙な動作の意味がやっと分かりました。私を威嚇していたのだと。そしてバッタに教えられた思いでした。相手がどんなに強そうで勝ち目が無くても、やるときゃ遣るんだと。
着地した様子は、飛び出した勢いとは裏腹に、羽を半閉じのまま必死に草にしがみついている姿が不様だったのが惜しかったですが。

*

2011年 3月11日の大震災にて被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

*

2011年1月より新しいフィールド「野川公園・武蔵野公園」を追加しました。公園ばかり増やしてどうするのと思いつつも、年月と共に私の生活にも変化があり、訪れる公園も変わってきていますので、それに合わせたいと思っています。あまり行かなくなった公園を削除するのも忍びなく、迷いながらの追加です。

*

ご挨拶
このページはバードウォッチングを中心とした個人で作っているページです。
作者は東京在住、休日になると双眼鏡を片手に公園へ出かけています。それだけだと怪しいおじさんになってしまいますので、バードウォッチングをしております。バードウォッチングは建前で、公園で季節の風を感じていられれば、それで満足なのかも知れません。近年は花の写真を撮る楽しみを知りまして、首から双眼鏡プラス肩からカメラといった格好で歩き回っています。

20代の頃は山登りを楽しんでいましたが、生活環境の変化と共に渓流釣り、平地の釣りと次第に標高の低い所へと辿ってきて、マチナカでも出来る趣味・バードウォッチングに巡り会いました。双眼鏡と図鑑を手に入れた今は、いつでも・どこでも・いつまでも出来る趣味だと、大いに気に入っております。

ホームページを作るきっかけは、前段として「パソコン通信」がありました。バードウォッチングの師匠が「こんな世界がある」と教えてくれたパソコン通信の電子掲示板(電子会議室、SIG、ボード等とも呼ばれました)に参加して楽しい日々を過ごしました。この体験が職業以外の世界への眼を開かせてくれました。インターネットが勃興し、パソコン通信に置き換わった時に、当たり前の様にホームページ作成を始めていました。

乏しい内容、拙い文章ですが、途切れることなくアクセスして頂いており、感謝申し上げます。アクセスは非常に緩やかですが右肩上がりでもあります。アクセスして下さる方のおられる限り、足腰の立つ限り続けていけるのではと思っております。たぶん。

ここにページのマップを書こうと思いましたが、表紙のページが総てでした。(^^;

*

このページのトップへ 前のページへ戻る

ホームページへ
SOGPOST e-mail
Last Modified: 2017/01/30